投稿

11月, 2013の投稿を表示しています

#429 来週の有名人(主に故人)の誕生日 #35 11月30日〜12月6日

#428 来週は12月ですよ その4

#427 来週は12月ですよ その3

#426 来週は12月ですよ その2

#425 来週は12月ですよ その1

12月はお楽しみマンス!

イメージ
なんかもういろいろありすぎて何をどう宣伝すればいいのかわからなくなってきましたが、とにかく12月はあちこちで楽しいことやってるので観に来てください。
まずは12月2日(月)〜8日(日)は渋谷は松濤のバーBaseで岡見が台本を書いた『まるでデジャヴな眠り姫』を上演します。岡見は出ませんが、初日と楽日に顔を出す予定です。
続いて12月15日(日)は立川のカフェばくだん畑でサンタとトナカイの反省会ライヴ『クリスマスボム』を開催します。岡見が久しぶりに歌います。舞台上で歌うのは2007年の『ベルホヤンスクで犬』以来です。お昼に昭和記念公園でくつろいでから来ていただくのもよろしいのではないでしょうか。公園寒そうですけど。
そして12月25日(水)〜29日(日)は渋谷は東口側にありますギャラリー・ルデコで上演される『或る夜の出来事』に岡見が出演します。この写真が出演メンバーです。イメージ写真なので、衣裳はこのまんまではないと思います。アラフォーおじさんが4人も集まると濃いですね。
公演の詳細およびご予約は公演・客演案内のページをご覧ください。上演場所への地図も掲載してあります。

#424 来週の有名人(主に故人)の誕生日 #34 11月23日〜11月29日

#423 12月の舞台の話 その4

#422 12月の舞台の話 その3

#421 12月の舞台の話 その2

#420 12月の舞台の話 その1

#419 来週の有名人(主に故人)の誕生日 #33 11月16日〜11月22日

#418 フルタ丸『パラレル』を振り返る #3

12月は3本あります!

今年も残すところ、あと1ヵ月半近くなりましたが、岡見が関わる舞台公演も残すところあと3つ! 今年は本当に舞台に始まり舞台に終わる年となりそうです。

1本目は12月2日から8日まで松濤にあるBar BASEで上演されるBASEプロデュース『まるでデジャヴな眠り姫』です。40分強の短めの内容ですが、男女3人の楽しい物語を観に来てください。

2本目は12月15日に立川にあるカフェ・ばくだん畑で、May-ka企画・BHU協賛『クリスマスボム』を1ステージのみ上演します。岡見以外は全員ミュージシャンという座組で、かつてBHUで上演した『ションボリナハト』のパワーアップ改訂版をお届けします。

そして3本目は12月25日まで29日まで渋谷のギャラリー・ルデコ(LE DECO)にて長谷川恵一郎さんが主宰するユニットで、つついきえさん作・演出の『或る夜の出来事』に出演します。40代のおっさん4人と20代の女性が1人という組み合わせの作品です。これも今から楽しみです。

来年はBHU復活の噂もありますが、基本的には「出る」よりも「書く」ことに専念することになりそうですので、役者・岡見の見納めにぜひとも観にきてください。

詳しい情報は公演・客演案内のページに載せておきます。いずれも席数がふんだんにある大劇場ではないので、お早めのご予約をオススメします。

#417 フルタ丸『パラレル』を振り返る #2

フルタ丸『パラレル』無事終了!

11月7日〜11日まで下北沢「劇」小劇場で上演された劇団フルタ丸『パラレル』が無事幕を下ろすことができました。
ご来場いただいた皆さま、並びに応援していただいた皆さま、本当にありがとうございます!
今週は今日からAudioboo RADIOKAMIで公演を振り返っていますので、よろしかったらそちらをお聞きください。

#416 フルタ丸『パラレル』を振り返る #1

#415 今週の書物占い(ビブリオマンシー)#48 パラレルワールド より

#414 来週の有名人(主に故人)の誕生日 #32 11月9日〜11月15日

#413 滅多に使われない故事ことわざ #56「初物七十五日」他

#412 お試し!ロジバン語! #28「劇」

いよいよフルタ丸が出航しますよ!『パラレル』初日!

イメージ
「あの時、あっちを選んでいたら…」という if の話は日常生活で口にしても「後悔先に立たず」とか「隣の芝は蒼く見える」とか言われて、そういうことを考えるだけでも不毛だと思ってしまいがちですが、現実では時間を遡ったり別の並行世界に行けないからこそ、そういう「物語」が映画やドラマや漫画や小説などになったりするわけです。

「並行世界」とか「多重世界」とか「パラレルワールド」という言葉を聞いたことのある方は結構いらっしゃるかと思いますが、劇団フルタ丸の『パラレル』は単なる「パラレルワールドもの」ではありません。タイトルに『パラレル』とあって、チラシも…


これですから、これで「パラレルワールド」とはまったく無縁の、たとえば「郊外にある純喫茶パラレルを舞台にした、酒と泪と男と女の物語」みたいなものはやりません。チラシをご覧の方は「選択のコメディー」と書いてあるのを見て「ああ、パラレルワールドものかあ」とまではご想像されたことでしょう。でも、繰り返し書きますが、単なる「パラレルワールドもの」ではないんです。

ネタバレ厳禁なので詳細はまだ明かしませんが、もうひとつだけヒントをお伝えしますね。

この作品はSF作品ではありません!(ドーン!)

「えー! なんだってー!」(←皆さんのリアクション予想その1)

これがSF(サイエンス・フィクション)ならグゥイネス・パルトロウがかつて主演した『スライディング・ドア』もSFに入ってしまいます。そこじゃないんです。SFでなければ何だと問われれば……

舞台作品です!(ドドーン!)

「なにー!」(このブログエントリしか読んでない方たちのリアクション予想その1)

と答えるしかありません。おい、それ、SFと並べるジャンルちゃうやろというお方。ぜひとも劇場へお越しください。楽しい100分強の物語をお届けします。

初日はおかげさまで予約完売です。ありがとうございます。私の知り合いはほとんどいませんが、ありがとうございます。8日以降、千穐楽の11日までは、まだお席に余裕がございます。ご予約お待ちしております!

詳細は「公演・客演案内」をご覧ください。

#411 日本公開前の映画を語る #56 I, Frankenstein

#410 今週の書物占い(ビブリオマンシー)#47 オール・ポップ・スタンダード より

#409 来週の有名人(主に故人)の誕生日 #31 11月2日〜11月8日